メニュー

オランダ政府 セフレ容認へ

[2020.05.23]

先日関西もようやく緊急事態宣言が解除され、大阪駅周辺も一時期と比べて人通りが増えました。久しぶりに外食や飲みに行かれた人も多いのではないでしょうか。
日本では新型コロナウイルスで外出自粛など感染拡大への対策がされてきましたが、オランダの国立公衆衛生環境研究所がシングルの人の性的欲求の悩みに対して「性的行為」に関するガイドラインを発表しました。
内容が日本では考えられないぐらいストレートなものなのて、一部紹介させて頂きます。

シングルの人(パートナーがいない人)の性的悩みについて発表されたガイドラインです。
以下が推奨されていことです。※一部抜粋

●感染が確認されていない1人の性的なパートナーと性行為
●自分と性行為(マスターベーション)
●動画や電話などを使っての性行為
●skype、ZOOMなどを使って、グループでの性的なやり取り
●成人向けの本や雑誌を読む
●遠隔操作できるバイブレーターを使っての性行為
などなど

皆さま、どうでしょうか。言われんでもわかっとるわっと言う事もあるかもしれませんが、僕は’skype、ZOOMなどを使って、グループでの性的なやり取り’が気になりました。

どんな光景になるのでしょうか?この行為を国が推奨しているのがすごいですね。以前からオランダはフリーセックスの国として有名でしたが、日本とは文化が違いますね。

またこのガイドラインをみて感じたことは、ますますオンライン化が進んでいるなという事です。オンライン診療、オンライン授業、オンライン飲み会など、コロナ騒動後に接触を回避したオンラインの普及を感じますが、今後は性行為や風俗業などに関してもオンライン事業が普及しそうですね。

 

大阪梅田ライオンズEDクリニック 院長

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME