メニュー

セックスレスの治療について

[2021.01.05]

 初診でED治療の相談に来られた方で、妊活をしていてセックスレスについて相談を受けることも多いです。そもそもセックスレスとは何か?日本人は結婚して同居するとセックスレスになることが多いなど、よくよく日常的に耳にすることがあります。日本性科学会で1994年に定義されたものによると、「セックスレス」とは「特別な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1ヶ月以上ないこと」を指します。余程、仲のいい友人でないと、中々、他人の性生活を聞くことは難しいですが、定義が1カ月というのは短いのでは?と思った人も多いと思います。

実際に相談にこられた方の悩みでは、いざ性行為に挑もうとすると勃起しない、中折れするといったものが多いです。勃起というのは性的な興奮から脳の視床下部というところにある勃起中枢の刺激によっておこります。「今日、排卵日だから」、「妻も年だし、早く子供を作らなければ」などのプレッシャーや、不安などがあると性的な興奮は冷めてしまいます。すでに何度か失敗しているときというのは失敗経験というのは脳裏に焼き付くものです。

セックスレスによるED治療として大切なことはまずはこの不安を断ち切ること。ED治療薬の内服していただくことで少ない刺激でも勃起しやすくなり、勃起力、持続力も上がることが多いです。実際に相談に来られた患者様で効果を実感され、「救われました」とまで言ってくれる患者もいました。セックスレスによるEDというのは、勃起、射精など能力的な問題ではなく、いわゆる心因性EDに当てはまります。不安を取り除くといった、根本的な治療は精神的なケアが必要ですぐに改善することは難しいことも多いですが、ED治療薬を内服して頂くことで改善することも多いです。

セックスレスの悩みは非常にナイーブな問題で、だれにも相談できないこと人も多いと思いますが、ED治療薬内服で改善することも多いので、一度ED専門治療院を受診することをお勧め致します。

 

 

大阪梅田ライオンズEDクリニック 院長

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME