メニュー

バイアグラ100mgの処方

[2021.03.13]

「バイアグラの100mgは取り扱いしていますか?」と問い合わせを頂くことが多々あります。日本で承認されているバイアグラの容量は50mgまでとなり、当院でも50mgまでの処方となります。しかし、日本以外の海外諸国ではバイアグラ100mgまで認可されている国が多いです。

では何故、日本ではバイアグラ50mgまでなのでしょうか?大きな理由として日本人は欧米人と比較して体格が小さい事が挙げられます。糖尿病など内科で扱われるお薬も、海外では日本で認可されている上限容量の2倍量まで許容量として設定されている事が多々あります。他には、バイアグラは日本で初めて認可されたED治療薬であり、慎重に販売が開始されたとも言われています。

今後、日本ではバイアグラ100mgまで認可される事はあるのでしょうか?製造元のファイザー社が厚生労働省に審査すれば、認可される可能性があります。しかしながら、バイアグラはすでに安価なジェネリック医薬品が販売されているため、ファイザー社としては利益に繋がりにくく、中々難しいのではないかと考えられます。当院の処方でも、先発品を希望される方は1割もいません。昔から先発品を飲んでいる方はそのまま先発品を買われる事もありますが、初診の方の多くの方は有効成分が同じで、安価なジェネリック医薬品を希望されます。

インターネットでバイアグラ100mgはカマグラ、スーパーカマグラなどという名前で、異常な価格で販売されている事もあります。しかし、以前行った製薬会社の調査ではインターネットで購入した商品の約6割が偽物だったとの報告があり、死亡例まで出ていますので、インターネットでの購入はお勧めできません。

 

 

大阪梅田ライオンズEDクリニック

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME