メニュー

ED治療におけるオンライン診療の年齢別統計

[2021.03.04]

新型コロナウイルス感染症拡大防止策で、初診からオンライン診療が可能となりました。当院でもオンライン診療を行っていますが、どのような年代が多いのでしょうか。一度統計をとってみました。

方法 

2020年4月から2021年2月末までにオンライン診療の申し込み頂いた患者様の年齢別統計データを調査

結果

年齢(歳) 割合(%)
20-24 16.5
25-29 19.3
30-34 14.8
35-39 12.7
40-44 9.3
45-49 10.4
50-54 7.2
55-59 5.0
60- 4.3

いかがでしょうか。

実際に診療をしていて、若い人が多い印象ではありましたが20代、30代の若年層で61.8%でした。以前、初診の割合の統計をとったところ、20代+30代で約5割程度でした。オンライン診療の方がより若年化しているという結果となりました。

また余談ではありますが、LINEでの申し込みでは約4.5%が女性からの申し込みでした。これはパートナーのことでまずは自身でLINE相談して頂いたというケースです。そのままパートナーが申し込みしないというケースもありましたが、女性の促しにより、オンライン診療を受けたケースもあります。

EDとは非常にセンシティブな問題です。来院するのも足が重い方もおられるかと思いますが、オンライン診療であれば、待合などで人と会うこともなく、医師との診療のみとなります。そして何より感染症予防となります。ご病気や健康状態によっては処方できないこともありますが、一度ご相談頂ければ幸いです。

 

大阪梅田ライオンズEDクリニック

 

ED(治療薬バイアグラ、レビトラ、シアリス)の心臓への影響について

若年層に多い心因性EDの原因、治療について

セックスレスの解消法、治療について

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME